<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

Green Japan, Green Innovationグリーンイノベーション基金事業概要等プロジェクト情報ダッシュボードお問い合わせEnglishSearch by EnglishSearch by グリーンイノベーション基金事業概要等グリーンイノベーション基金事業概要グリーンイノベーションプロジェクト部会情報公募等情報関連制度・リンクプロジェクト情報お知らせダッシュボードお問い合わせ情報公開サイト利用についてプライバシーポリシーグリーンイノベーション基金事業概要グリーンイノベーションプロジェクト部会情報公募等情報関連制度・リンクプロジェクト情報電動車等省エネ化のための車載コンピューティング・シミュレーション技術の開発電動車等省エネ化のための車載コンピューティング・シミュレーション技術の開発概要基本情報実施体制事業戦略ビジョン進捗情報シェアポストするLINEで送るnoteで書くプロジェクト概要自動車の利用段階のCO2排出量削減に向けた包括的な取組として、交通渋滞や、その原因となる事故の防止へとつながる自動運転の社会実装が期待されています。 しかしながら、自動運転に必要な車載コンピューティングには膨大な電力を必要とすることから、電動車の航続時間・距離に影響を与え、現行技術では、反対に電動車普及の制約要因となる可能性があります。 そこで、本事業では、徹底した車載コンピューティングの省エネ化(現行技術比70%減)のため、特に消費電力に影響する自動運転ソフトウェア・センサーシステムの省エネ化の研究開発を実施します。 同時に、自動車の電動化・自動化の中で開発体制の転換が求められるサプライチェーン全体の競争力強化のため、自動化にも対応した電動車全体の標準的シミュレーション・モデルの開発を行います。 プロジェクトの特徴〇自動運転のオープン型基盤ソフトウェアの開発ネットワーク・クラウド側への負荷を低減するアーキテクチャを前提に、必要な性能(主要な走行環境でのレベル4自動運転)を担保しつつ、ハードウェアに対するソフトウェアの計算負荷を低減(70%削減に寄与)するための研究開発を実施します。〇高性能かつ低消費電力を実現する自動運転センサーシステムの開発自動運転の「認識系」の情報処理について、認識手法の改善(効率的処理)や、それと連携したセンサー機器の性能向上(入力値改善)を通じて、必要な性能(主要な走行環境でのレベル4自動運転)を満たしながら、徹底した省エネ化(70%削減に寄与)を行うための研究開発を実施します。〇電動車両シミュレーション基盤の構築自動運転の試験・評価に必須の電動車両シミュレーション・モデルを、車両全体で実際の挙動と90%以上の精度で一致する水準で開発し、広く活用可能な標準モデルとすることで、性能検証に要する期間をサプライチェーン全体で半減し、電動車開発期間の短縮に貢献します。関連情報ニュースリリース:採択決定(2022年07月19日)ニュースリリース:採択決定[別紙:事業概要資料](2022年07月19日)2022年度公募結果:(2022年07月19日)関連資料経済産業省資料(プロジェクト資料)研究開発・社会実装計画特集記事等省エネ化のための車載コンピューティング・シミュレーション技術の開発とは詳しく見る車載コンピューティング・シミュレーション技術とは詳しく見るグリーンイノベーション基金とは詳しく見るTSCレポートグリーンイノベーション基金事業パンフレットGreen Japan, Green Innovationグリーンイノベーション基金事業委託・助成事業の手続きお問い合わせ経済産業省グリーンイノベーション基金事業関連サイトContentsトップページグリーンイノベーション基金事業概要等グリーンイノベーション基金事業概要グリーンイノベーションプロジェクト部会情報公募等情報関連制度・リンクプロジェクト情報お知らせダッシュボード情報公開サイト利用についてプライバシーポリシー国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (法人番号 2020005008480)© New Energy and Industrial Technology Development Organization. All rights reserved.

ホットニュース

オモニア・ニコシア ブックメーカーバスケットボール フィラ・ブラジレイロ Stake.com - 年ベストベッティング サイト 2024
Copyright © The Paper All rights reserved.